26 2 / 2013

四章を理解するために、本当は言葉などいらない。
ただ純粋に見ること、それが必要なのだ。
『真夏の夜の淫夢』第四章純愛論

四章を理解するために、本当は言葉などいらない。

ただ純粋に見ること、それが必要なのだ。

『真夏の夜の淫夢』第四章純愛論